マイルと男性不妊の狭間で

マイルと男性不妊をテーマに、気ままに更新していこうと思います。

ちょげおのハネムーン旅行記〜モーリシャス島〜 ⑧番外編

こんばんは、ちょげおです。

 

今回は番外編です。

テーマはちょげおの妻です。

 

ちょげおが成田やドバイのラウンジで優雅にフライトまでの時間を過ごしてきたことは以下の記事でお伝えしました。

chogeo1204.hatenablog.com

chogeo1204.hatenablog.com

chogeo1204.hatenablog.com

 

ビジネスクラスで行けばラウンジも使えるということはもちろん妻にも伝えていて、旅行前、妻とは「一緒に楽しもう」と話しながら盛り上がってしました。

 

 

 

……しかし

 

なんとちょげおの妻、ラウンジ滞在中のほとんどの時間、仕事をしていました。。。

f:id:Chogeo1204:20180422234624j:plain

※本人ではございません 

 

成田だけでなくドバイでも同様です。

 

搭乗前、成田のラウンジを出てすぐ「おかげで集中して仕事ができた」と嬉しそうに言っていました…

(喜んでいいのか、、)

 

今回ちょげお家はハネムーンのために2週間有給を取りましたので、その分、休暇前は2人とも忙しかったです。

休暇前に一通り仕事を終えないといけないため、直前はいつもより遅くまで仕事していましたが、それでも仕事が残ってしまったようです…

ですが、さすがにハネムーンに向かう空港のラウンジでも仕事することになるとは、、

 

さすがに成田では1時間程は二人でワインや食事を楽しみましたが、その後はラウンジで必死に仕事する妻を横目に、ちょげおは一人携帯を見ながら美味しいワインと食事に酔いしれていました。

 

 

ちょげおのハネムーン旅行記〜モーリシャス島〜 ⑦ドバイ編

 

こんばんは、ちょげおです。

 

以下の記事でも述べたように、ちょげおはドバイ経由のエミレーツモーリシャスまで行ったため、当然ですがドバイの空港にも降り立ちました。

chogeo1204.hatenablog.com

 

「日本→ドバイ→モーリシャス」ルート最大のデメリットはトランジット時間の長さ(約6時間程)です。

いくら24時間眠らない空港と言われてるドバイとはいえ、さすがに6時間は時間潰すのは大変です。

しかし、6時間だと一回外に出て観光するほどの時間はありません。

 

そんな時に非常に有効なのがラウンジです。

 

 

ちょげおは「日本→ドバイ」はビジネスでしたが、「ドバイ→モーリシャス」はエコノミーだったため、ドバイではエミレーツ空港のラウンジが使えません。

 

そんな時役立つのがプライオリティパス(Priority Pass)です!

 

プライオリティパスは、「プライオリティパス」社という会社が運営している、空港と提携し、サービスを提供しているものです。

会員になると世界950ヶ所以上の空港ラウンジを利用する事ができます。

航空会社ラウンジと同様、空港での保安検査場の先にラウンジが立地している点がクレジットカードの空港ラウンジとの最大の相違点です。

 

「プライオリティパス」自体は有料の会員制度で、以下の通り、年会費によって種別があり、サービスが異なります。

 

              年会費   利用料金

■スタンダード     USD99   USD27 

■スタンダード・プラス USD249 USD27(年10回まで無料)

プレステージ     USD399 無料

 

ただし、提携しているクレジットカードの保有者は、クレジットカードを経由して入会手続する事により、年会費が無料、もしくは通常の年会費より安い年会費で入会する事ができます。

その代表例がアメックスです。

アメックスはT&E(トラベル&エンターテイメント)に特化したクレジットカードと言われており、頻繁に旅行に行く方にとってはとても良いクレジットカードと言えます。

ちょげおもアメックス経由で無料でプライオリティパス会員になりました。

 

ちょげおが今回ドバイで入ったラウンジの様子です。

f:id:Chogeo1204:20180406102433j:plain

f:id:Chogeo1204:20180406102725j:plain

 

ドバイ空港内に設置されているインターナショナルホテルのレストランを利用できます。

もちろん、エミレーツのラウンジには敵いませんが、休憩したり食事をしたりするには十分ですよね。

料理の写真を撮り忘れてしまいましたが、ホテルのバイキング形式+アルコールはオーダーという形式でしたので、食事・飲料ともに種類が豊富で味も良かったです。

 

ラウンジに入室する際にプライオリティパスで入るともらえるレシートです。

f:id:Chogeo1204:20180408210327j:plain

 

これを見せるとアルコールをオーダーしても料金がチャージされません。

 

4時間弱くつろいでたくさん食べて飲みましたが料金はもちろん無料です。

f:id:Chogeo1204:20180406104640j:plain

 

プライオリティパスで入れるラウンジはもちろん日本の空港にもありますが、海外旅行の時こそ威力を発揮すると思います。

理由は主に以下の3点です。

・プライオリティパスで入れるラウンジは日本に比べて海外の方がクオリティーが高いこと

・国際線の場合乗り換え時間が長い旅程が多いこと

・利用する航空会社に関係なくラウンジに入れること

 

最後の1点について少し解説します。

国内線の場合、JALであればJGC会員、ANAであればスーパーフライヤーズ会員であればエコノミークラスでもラウンジが使えますが、今回のちょげおの「ドバイ→モーリシャス」のように非日系の航空会社を使うエコノミーの場合、ラウンジが使えません。

国際線であれば非日系の航空会社を使うことも多くなりますし、そういう意味で利用する航空会社に左右されないプライオリティパスの価値は高いです。

 

もしプライオリティパスがなかったら、6時間空港でトランジット、その後エコノミーで6時間… 到着する頃にはヘトヘトです。。。

 

アメックスのゴールドカードは年会費が税込で3万ちょっとですが、スタンダードクラスに年会費無料で登録でき、さらに年2回まで無料で利用できるため、それだけで年会費の半分はもとが取れます。

他にも帰国後、空港から荷物の郵送が無料だったり、年に1回でも旅行に行く方は持っていてお得なカードです。

 

何だか最後はアメックスの紹介みたいになってしまいましたが、、

今回の記事でお伝えしたかったことは、プライオリティパスは海外旅行の強い味方である、ということです!

不妊治療の治療代

こんばんは、ちょげおです。

 

本日は不妊治療を検討している方、もしくは不妊治療をし始めたばかりの方が気になっているであろう不妊治療にかかる治療代について書きます。

 

ちなみにちょげおが通っているのはあいだ希望クリニック(AKCとも言われています)というクリニックです。

aidakibo.com

 

他の病院やクリニックに通った経験がないので比較はできませんが、ここは先生方が患者の希望を親身に聞いてくれたり、ナースや事務の方がすごく親切でとても良いクリニックだと思います!

クリニック紹介や病院・クリニック選びに関する記事も今後書いていきたいと思います。

 

少し話が逸れましたが、本題に戻ります。

ちょげおは月別でExcelに治療費を入力しています。

 

■2017年12月

f:id:Chogeo1204:20180401213753p:plain

 

■2018年2月

f:id:Chogeo1204:20180401213809p:plain

 

■2018年3月

f:id:Chogeo1204:20180401213110p:plain

 

 た、高い…

これでもちょげおが通っているあいだ希望クリニックは安い方です(妊娠した場合に成功報酬を支払う方式のため)。

 

上述のように、不妊治療には正直かなりお金がかかりますが、助成金制度もあります。

ちょげおが住む東京都の場合、以下の要件を満たせば申請が可能となります。

○ 東京都内在住であること
○ 法律上の婚姻をしている夫婦であること
○ 不妊治療以外では妊娠の見込みがないか、もしくは極めて少ないこと
○ 指定医療機関で特定不妊治療を受けたこと
○ 申請日の前年の夫婦の合算の所得額が730万円未満であること

(詳細は

東京都特定不妊治療費助成の概要 東京都福祉保健局をご覧ください)

 

ちょげおの個人的な意見としては、助成金を申請できる条件はとても厳しいと思います。

世帯年収が730万円未満であることが一つの要件にありますが、共働きであれば一人465万未満でないと申請できないことになります。

共働きや晩婚化が進む今の時代、結婚、妊活を経て不妊治療に取り組む年齢を勘案すると、465万未満という要件はとても厳しいと思います。

730万円あれば治療に取り組んだ場合でも、経済的に十分余裕があればその要件で良いと思いますが、上述の治療費詳細を見ていただければわかる通り、全く足りないです…

6組に1組が不妊治療を行なっていると言われている今、賛否両論はありますが、若い世代に対しては、年収の限度を引き上げる等の対応が必要なのではないかとちょげおは思います。

 

今後はそのような活動にも貢献していきたいです!

ちょげおのハネムーン旅行記〜モーリシャス島〜 ⑥エミレーツ航空 機内編

こんにちは、ちょげおです。

 

ラウンジで優雅なひと時を過ごしたちょげお、いよいよ機内に乗り込みます!

f:id:Chogeo1204:20180401010757j:plain

 

こちらがこれから乗り込む飛行機です。

f:id:Chogeo1204:20180401010841j:plain

 

優先搭乗なので、乗り込む前の通路が空いていて、ゆっくり撮影できるので良いですね。

 

機内に乗り込むと、目の前に金色の世界が広がります。

f:id:Chogeo1204:20180401011046j:plain

 

自分の座席を見つけた時のトキメキは今でも覚えています!

f:id:Chogeo1204:20180401011109j:plain

 

ピカピカのキラキラでした!

 

f:id:Chogeo1204:20180401132703j:plain

妻です。

離陸前のリクライニングが通常の位置の時は、脚が席に届いていなくて、逆にエコノミーより苦しそうでした…笑

 

ちょげおはそんな妻を横目に、シャンパンにメロメロでした。

f:id:Chogeo1204:20180401011329j:plain

 

アメニティは男性用女性用ともにブルガリです。

旅行に便利にグッズがたくさん入っていましたので、こちらもいつかご紹介します。

 

そして今回ちょげおがビジネスクラスの座席と同じぐらい楽しみにしていたのは、以下の記事で紹介しました、ファースト/ビジネスクラス利用客限定の機内バーです。

chogeo1204.hatenablog.com

 

こちらです!

f:id:Chogeo1204:20180401011437j:plain

 

機内とは思えない雰囲気でした。

 

お酒の種類も多かったです。

f:id:Chogeo1204:20180401011510j:plain

 

おつまみもたくさんあり、どれも美味しかったです。

f:id:Chogeo1204:20180401011601j:plain

f:id:Chogeo1204:20180401011623j:plain

 

そしてスタッフの皆さんが気さくでとても良い方々でした。

f:id:Chogeo1204:20180401011815j:plain

 

バーテンにさせてもらったちょげお

f:id:Chogeo1204:20180401011852j:plain

 

(人の顔はハートとサングラスで区別しています。ハートがちょげおもしくは妻、サングラスがスタッフ)

こういうことをさせてもらえるのはエミレーツならではだと感じました。

 

バーの横には席が設けられて、ゆっくりくつろぎながらお酒を楽しめます。

f:id:Chogeo1204:20180401012142j:plain

 

(この方々はハートですがちょげおではありません)

 

バーをゆっくり満喫し、席に戻ると食事の時間でした。

ラウンジでもバーでもたくさん食べたので、正直食べ切れないかな、と思っていましたが、美味しくて完食しました。

こちらはちょげおがオーダーした洋食です。

(食事に夢中になってしまったため、全部の写真を撮るのを忘れてしまいました…)

f:id:Chogeo1204:20180401012346j:plain

f:id:Chogeo1204:20180401012459j:plain

f:id:Chogeo1204:20180401012512j:plain

 

こちらは妻がオーダーした和食です。

f:id:Chogeo1204:20180401012548j:plain

 

こちらはちょげおがオーダーした和食の朝ごはんです。

f:id:Chogeo1204:20180401012648j:plain

 

こちらは妻がオーダーした洋食の朝ごはんです。 

f:id:Chogeo1204:20180401012727j:plain

 

モーリシャスへは長旅でしたが、このように人生初のエミレーツを満喫したおかげで、ドバイまでの10時間のフライトをとても快適に過ごせました!

ちょげおのハネムーン旅行記〜モーリシャス島〜 ⑤エミレーツ航空 ラウンジ続編

こんばんは、ちょげおです。

 

chogeo1204.hatenablog.com

  ↑

昨日の記事でエミレーツ航空の成田ラウンジの様子を紹介しましたが、今回の記事ではラウンジの食事についてお伝えします。

 

他の航空会社のラウンジと同様に、基本的にビュッフェスタイルです。

和食、中華、イタリアン、フレンチ、地中海料理、中東料理と幅広く何でも揃っていました。

そしてとてもオシャレ!!

ご覧ください、この豪華さ!!

f:id:Chogeo1204:20180321190757j:plain

 

チーズや生ハム、オシャレな前菜やお寿司、ケーキが置いてありました。

ちなみにこれ、遠くから見ると謎の宇宙船のような物体でした。もう少し引きの画を撮っていればと後悔しています…

 

チーズも世界各国のものがありました。

f:id:Chogeo1204:20180321190901j:plain

 

こちらデザートです。

f:id:Chogeo1204:20180321190934j:plain

 

この宇宙船の近くにはアルコールやソフトドリンクが置いてあるエリアがあります。

f:id:Chogeo1204:20180321191355j:plain

f:id:Chogeo1204:20180321191440j:plain

f:id:Chogeo1204:20180321193456j:plain

 

搭乗前なのであまり豪快には飲めませんが、少しずつ多くの種類を楽しむことをオススメします。

 

今回写真を撮り忘れてしまいましたが、カレーの種類が多かったのもよかったです。

日本式のカレーだけでなく、インド風やネパール風のカレーもあり、食べ比べするのも面白いですね。

 

そしてこのラウンジには、食事にもその国でしか体験できない施策があります。成田では揚げたての天ぷらが食べられます。シェフが勤務しており、オーダーしてから揚げてもらえるので、揚げたてのサクサクです。

f:id:Chogeo1204:20180321193926j:plain

 

妻と2人、優雅な食事のスタートです。

f:id:Chogeo1204:20180321194129j:plain

f:id:Chogeo1204:20180321194151j:plain

f:id:Chogeo1204:20180321194218j:plain

f:id:Chogeo1204:20180321194416j:plain

 

メインは肉料理と魚料理がありましたが、ちょげおは牛フィレ肉のステーキを選びました。

f:id:Chogeo1204:20180321193731j:plain

 

柔らかくて美味しかったです。

 

デザートはシャーベットにしました。

f:id:Chogeo1204:20180321194300j:plain

 

本当は最初に紹介した宇宙船に乗ったケーキも食べたかったのですが、機内食も評判とのことで、あまりお腹いっぱいにするのは避けたかったので、ここら辺で止めておきました。

 

 

以上、エミレーツ航空のラウンジ紹介でした。

今までの旅と比べて飛行機に乗る前のウキウキ感がぜんぜん違いました!

 

さぁいよいよ飛行機に乗り込みます!!

ちょげおのハネムーン旅行記〜モーリシャス島〜 ④エミレーツ航空

こんばんは、ちょげおです。

 

以下の記事でモーリシャスまでの行き方を説明しましたが、今回の記事ではちょげおが実際に利用したエミレーツ航空についてお伝えします。

chogeo1204.hatenablog.com

 

エミレーツ航空はドバイを本拠地とする航空会社で、2001年、2002年、2013年、2016年にワールド・エアライン・アワードで第1位となっている、世界を代表する航空会社の一つです。

ちなみにこのアワードは、スカイトラックスという世界の空港や航空会社の評価を行っている航空サービスリサーチ会社によるものです。

 

さて本題に戻りますが、今回ちょげおがエミレーツを選んだ理由は2つ。

・成田空港に2015年に設置された専用ラウンジ

・機内バー

 

せっかく特典航空券のビジネスで行くならゴージャスに行きたい!ということで、上記2つの理由からエミレーツを選びました。

各々具体的に説明していきます。

今回の記事ではまず、1点目のラウンジについて説明したいと思います。

 

2015年6月11日、エミレーツは日本国内初となる専用ラウンジを成田国際空港に開設しました。

エミレーツは世界に30ヶ所を超える専用ラウンジを持っていますが、その国でしか体験できないサービスを提供することをモットーとしているため、同じエミレーツ航空のラウンジでも国によって雰囲気が違うそうです。

成田空港は「日本らしいサービス」ということですが、いったいどんなサービスなのかとても興味がありました。

 

成田空港発のエミレーツ航空の便は毎日1便のみ運航しています。

そしてラウンジはファースト/ビジネスクラス利用者、もしくはフリークエント・フライヤー・プログラム「エミレーツスカイワーズ」のゴールド/プラチナ会員が利用できます。

そのため、ラウンジ利用者はかなり数が限られていますが、成田空港のエミレーツのラウンジは174席あります。

席数に対する利用可能者数の割合が低く、ゆったりと使えるのが特徴です。

この点、運行便がかなり多いJAL/ANAに比べてオススメできるポイントです。

JAL/ANAの場合、上級会員数も多いですが、エミレーツの上級会員はほとんど帰国するドバイ在住の方に限られると思います)

 

それでは早速ラウンジの様子を見てみましょう!

ビジネスクラス専用のチェックインカウンター(ガラガラです)を抜けると、このようなエレベーターが目の前に現れます。

f:id:Chogeo1204:20180320141227j:plain

 

キャセイパシフィックのラウンジの隣にあります。

エレベーターを降りると……

f:id:Chogeo1204:20180320143246j:plain

 

ゴージャスですねー!!

もうエレベーターや入口からドキドキしてました!

受付の方も中東風の衣装で非日常感をより強めてくれます。

そんな受付の方にボーディングパスを見せると中に案内されました。

 

中に入るとまず、み、水…?

何やら聞こえてきた水の音の正体はこれでした。

f:id:Chogeo1204:20180320182228j:plain

 

豪華なミニチュアの滝の横を通り過ぎると……

f:id:Chogeo1204:20180320182600j:plain

 

こちらメインスペースです。

本当にガラガラですね。

ちょげおが入室した時はまだ1組しか中にはいませんでした。

ちなみにアラブの石油王のような方と、マダム感満載なその奥様でした。

 

メインスペースを進むと食事や飲み物がもらえるエリアに辿り着きます。

f:id:Chogeo1204:20180320182520j:plain

 

メインスペースのソファはこんなかんじです。

f:id:Chogeo1204:20180320184226j:plain

 

床はイタリア大理石、ソファはイタリアンレザー、そして極め付けはロレックス製金メッキ壁掛け時計(5カ国)……

f:id:Chogeo1204:20180320184407j:plain

 

この時思いました「あ、これがオイルマネーというやつか」と。

 

オイルマネーの凄さを目の当たりにしたちょげおですが、ちょげお的にエミレーツラウンジのお気に入りポイントは、上述した通り、モダンスタイルの中に各国の、成田の場合は日本的なスタイルを盛り込んでいる点です。

 

ラウンジ内に城やお寺、桜や着物姿の女性など、日本の伝統や美を伝えるインテリアが随所に飾られていました。f:id:Chogeo1204:20180320184913j:plain

f:id:Chogeo1204:20180320185025j:plain

f:id:Chogeo1204:20180320185210j:plain

f:id:Chogeo1204:20180320185330j:plain

 

 そして最後に紹介する部屋はこちら

f:id:Chogeo1204:20180320185439j:plain

 

ドバイが本拠地なだけあって、prayer roomもありました。

お邪魔する機会はなかったですが、ドバイに戻る予定の方にとって、このような部屋が用意されていることは嬉しいでしょうね。

 

記事が長くなってしまいましたが、これでラウンジの様子の紹介は終わります。

実際に目の当たりにした時の「まさに異世界」という衝撃はなかなか写真では伝わりませんが、少しでも良さが伝われば嬉しいです。

 

ラウンジの食事については次回の記事でお伝えします!

ちょげおのハネムーン旅行記〜モーリシャス島〜 ③保有マイル数

こんばんは、ちょげおです。

 

マイルでの特典航空券を狙う場合、まずはその航空券を取得するために必要なマイル数を確認します。そのマイル数を目標とし、飛行機に乗って貯めたマイル、クレジットカードや各種ポイント、ポイントサイト等、様々なポイントを合算したものが目標マイル数を上回れば特典航空券を取得できます。

しかし、ポイントごとにマイルへの換算率が異なっていることや、直接マイルには移行できず中継サイトを経由しマイルに移行するポイントもある等、今現在保有マイルがいくらなのかを正確に把握することは困難です。

「だいたい2年以内にハワイ行ければいいかな」という考えであれば、ある程度貯まったタイミングでマイルに交換すれば良いのですが、マイルにも有効期限があるため「絶対今年の12月までに特典航空券を確保したい!」と考えている方の中には、保有マイル数が正確に把握できないことを悩んでいる方もいると思います。

基本的にマイルは1ポイント単位ではなく、300ポイントや500ポイント単位での移行になるため「来月はどのクレジットカードをいくら分使おう」という計算を毎度しなければならない、「無理してクレジットカード使ったけどTポイント移行すれば足りていたので、無駄な買い物だった」という話を聞いたこともあります。

 

そんな悩みを解決するためちょげおが作成したものが「必要マイル算出ツール」です。

全体の見た目はこのようなかんじです。

(今回はANAを例にしています)

f:id:Chogeo1204:20180309225102p:plain

 

使い方は以下の通りです。

まずは“ Zone”tabを参考に、“目標マイル”tabに「行先」「クラス」「人数」を入力します。

f:id:Chogeo1204:20180309225144p:plain

f:id:Chogeo1204:20180309225151p:plain

 

例として、ハワイまでのビジネスクラス家族4人分を目標にします。

行先とクラスは各々プルダウンで選択できるようになっていますのでZone5、ビジネスを選択します。また、人数に数字を入力します。

するとこのように目標マイル(必要マイル)数が表示されます。

f:id:Chogeo1204:20180309225244p:plain

 

この目標マイル数は“必要マイル算出”tabに連携されます。

f:id:Chogeo1204:20180309225333p:plain

 

続いて“必要マイル算出”tabの黄色枠内にクレジットカードやポイントサイト等の保有ポイントを入力します。赤色枠内には換算ポイント、換算マイルが自動入力されますので、手入力するのは黄色枠内のみです。仮で数字入れてみましたが、このようになります。

f:id:Chogeo1204:20180309225358p:plain

 

この場合の保有マイル数は153,385ですね。あと86,615マイルで目標達成です。これがわかると、例えばあと一回ハピタスで9万ポイント貰えるクレジットカードを発行し、ソラチカルート(ハピタス→PeX→メトロポイント→ANAマイル)移行期間中に60万円弱amexで決済すれば目標達成だな、ということもわかり、いつ特典航空券を発行可能かの目安も知ることができます。非常に便利ですね。

f:id:Chogeo1204:20180309225601p:plain

 

ちなみに目標達成すると“必要マイル算出”tabの赤字で表示されていた「未達成」が「達成」に変わります。嬉しいですね。

f:id:Chogeo1204:20180309225627p:plain

 

最後になりますが、こちらの算出ツール、まだ作成したばかりなので、ちょげおしか使っておりません。